社会保険労務士法人D・プロデュース

【障害年金(事例紹介(脳出血による身体麻痺及び失語症))|社会保険労務士|横浜|D・プロデュース】

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

【障害年金(事例紹介(脳出血による身体麻痺及び失語症))|社会保険労務士|横浜|D・プロデュース】

【障害年金(事例紹介(脳出血による身体麻痺及び失語症))|社会保険労務士|横浜|D・プロデュース】

2021/05/27

脳出血による血腫除去及び気管切開を行ったBさん(男性44歳)は、重度の右上下肢麻痺及び失語症の症状が残ってしまいました。
脳出血について調べたところ、大脳深部で出血した場合には、出血側とは反対側の肢体に麻痺が出現するとの記載がありBさんの場合は、左側で出血したものと思われます。同様に言語中枢の多くが左大脳半球にあることが多いために失語症の症状が現れたと思われます。
手術後から現在に至るまで、理学療法・作業療法・言語聴覚療法などのリハビリ加療を行っていらっしゃるとの事です。傷病手当金の終了時期が迫っている時に、ご家族の方がBさんの今後の生活(経済)面について不安が残るために、障害年金のご相談にお見えになり、障害年金申請手続きのお手伝いをさせて頂きました。
医療専門家ではなので、インターネット等で調べたところ、脳出血発生を高める可能性がある要素としては、高血圧、糖尿病などが挙げられております。
本ブログを拝読頂いている皆様もご自愛下さい。

今後もご相談者様の現況(病状や生活状況等)をしっかりと把握し理解した上で、
ご相談者様の立場に立ち、年金に特化した社会保険労務士が申請手続きをお手伝い致します。

社会保険労務士法人D・プロデュース

社会保険労務士法人D・プロデュース

電話番号
045-226-5482
FAX番号
045-226-5483
所在地
〒231-0012
神奈川県横浜市中区相生町1丁目15番地
第二東商ビル6F
営業時間
9:00 〜 18:00
定休日
土,日,祝

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。